rankstitle JRDVにある「京介」タブ
使用されているデータは「厩舎ランク」という、京介@JRDBが作成したデータです。どうやら彼は、これからこの方法を押していくらしいです。
でも、そもそも「厩舎ランク」って何?という疑問はごもっともです。 概要を説明してあるページを作成しました。
コチラ

ちょっと引用しておきます。

最上位のピンク色の厩舎は214厩舎中、わずか15前後(約7%)の数でありながら、全レースの連対馬の15%に該当。
上位ランクピンク~黄色まで214厩舎中、わずか60~65前後(約30%)の数でありながら、約45%を独占。
下位の灰色厩舎は214厩舎45前後(約20%)の数を占めながら、10%ほどしかない。
下位ランク灰色~水色まで214厩舎中95前後(約45%)の数を占めながら、26%ほどしかない。




lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。

JRDBのメンバーサイトでは、メイン以外にも毎週コラムを掲載しております。
 ⇒新聞だけで予想をしよう

天皇賞(秋)

t11

1着 △12.トーセンジョーダン
2着  7.ダークシャドウ
3着  8.ペルーサ

6着 ◎4.エイシンフラッシュ
9着 △9.ジャガーメイル
10着 ▲11.ローズキングダム
14着 ○18.アーネストリー

前半34.3-56.5で通過したシルポートと、少なくとも57秒台前後で1000m標識を通過した第2集団は、府中の2000mでは到底残せそうもない前傾ラップでレースを進めたことになり、全員直線で沈没。
最低でも2000mの1.56.1を2分割した1000m58.0以上で後ろからレースを進めて、若干でも後傾ラップの競馬をした馬が圧倒的に有利な展開になりました。
宝塚記念を速いラップで圧勝したアーネストリーの勲章が、他の馬には大きく見えたんでしょう。
自分は事前予想で宝塚記念上位馬を中心にしましたが、むしろ宝塚記念に出走してアーネストリーの強さを肌で味わっていた馬達が、あのキツイラップでもアーネストリーを徹底僅差マークで追いかけるという競馬。
アーネストリーも出遅れて無理して脚を使って高い位置に押し上げたために、チグハグな競馬で止まるのも当然だったと言えますが、宝塚記念上位組が道連れになったのは、それでもアーネストリーを無視できない陣営の意向が裏目に出たということでしょう。
同時に、宝塚記念のアーネストリーとまともな直接対決がなかったために、あんまり陣営から具体的な作戦を指示されなかった馬(ここでは前走G2勝ち馬)が、スンナリ控える競馬が出来て、展開の利に当たったとも見れます。

自分の中では府中の1週目2週目を経験し、しかも日曜日は雨が落ちると言う予報も聞いていたので、こうまで超高速馬場に変わるわけがないという実感がありました。
シルポートがどう飛ばしてもやや落ち着いた時計で決着すること間違いなしだと見てたんです。
しかし蓋を開けてみると、東京コースの芝はG1仕様で超高速馬場でしたし、雨なんて全く降る気配なし。
その上で前哨戦と違う展開にしたい思惑の馬が多数出走した事もあり、これだけのレース展開を演出する要因になったんでしょう。

トーセンジョーダンに騎乗していたピンナ騎手は、1ヵ月間府中で騎乗していて東京コースの癖や仕掛け所のポイントを得ていたアドバンテージが、他の今週からやってきた外人騎手よりもありました。
トーセンジョーダンをあそこまで下げて追走させる決断ができたのは、アイルランドTのような特殊なレース展開を経験していた背景もあったでしょうし。
ベリー騎手も同じく、土曜日は府中で騎乗してましたね。全くピントの合わない騎乗だったとしてもレースをこなしてただけプラスが大きかったはずです。

さて、厩舎ランクの考えを持ってこのレースの上位馬を回顧するとなると、どうしてもその名前に目が行きますね。
トーセンジョーダンはあの3冠馬オルフェーヴルを輩出した池江泰寿厩舎
ダークシャドウは今年1年間で、全国の中でズバ抜けた厩舎最高連対率を叩き出している堀厩舎
G1を今年勝ち負けしていて、直近のシーズンに高レベル重賞で勝てている厩舎の方が、勢いがあったという結果です。

翻って、自分が本命にしたエイシンフラッシュの藤原英昭厩舎は、今年は連対率もそこそこの内容で勝ち鞍も多いのですが、重賞実績となるとトーセンラーのG3勝ちが一つだけ。
これは、今回のメンバーで見比べると、確かにあと一押しとは出来ない要素だったかもしれません。
今回のように非常にレベルの高い厩舎同士が集まり過ぎた時は、もっと高い水準の実績が必要となる…という判断基準は、今後取り入れようと思います。