JRDB印一覧 8/1


激走馬の列で背景色が「黄色」になっているのは「展開1着激走馬」に該当します。
IDM・展開・激走馬印、全てが揃っている馬は馬名が「赤文字」の表記。
3つの印の内2つに入っている時には「太文字」です。


外厩一覧 8/1


厩舎名の背景色は「厩舎ランク」になっています。
「間隔」は中~週の数字。
「週数」は帰厩からレースまでの週。
馬名、騎手名、調教師名、放牧先名をクリックで各成績データ画面を表示。


どちらのファイルもレース当時の夕方には成績を入れて再作成しています。


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
(JRDB会員専用)

明日分の無料版は既にアップしてあります。
Targetをお持ちの方は使って見て下さい。

明日に向けてのメモとして。

札幌8R

t1

12・アースプレイの「外厩」は詳細不明Unknown。
書類上では「早来」となっており、ビューワーでも同じく地名の「早来」と表記してあります。
でも、この辺りは牧場が多くて実際何処なの?という推測が難しい。

馬主は「松山 増男」氏で札幌競馬場馬主会所属。
他の持ち馬から推測するに、多分今回は「田口トレーニングF」かなと。
ノーザーンファームでは無さそうです。
で、ちょっと調べていると・・・早来町は追分町と共に既に安平町へと2006年に統合されておりました。
ん?
と言う事は正確には町としての住所は無いのでしょうかね。
略称や通称として使われている地名なのかな。
→ 早来町 wiki
ここには昭和の初期に滝川からの入植者によって本格的に酪農が始められ・・・とあります。
これは現在の滝川市の事?
なんて事をずっと調べておりました。競馬とは全然関係無いですね。
でも少し北海道の地理に詳しくなったかも。
北海道の各町は一様に、入植 → 一瞬でピークを迎え → 早々に衰退とい早いサイクルです。
これはなかなかダイナミックで、探っていると飽きません。
「羊をめぐる冒険」を久しぶりに読みたくなりました。

せっかくなのでこのレースを見てみます。

ここには「栄進」帰りの8・エイシンアリエルが出走。
新馬戦で「栄進」からで1着。以降は特に見どころも無いまま今回は再び「栄進」帰り。
明日はもう1頭「栄進」がおりまして、

t2

小倉9Rの12・エイシンカラット。
こちらも同じく新馬では1着。
馬名太文字になっておりますが、カテゴリー的にはどちらも同じ。
3歳牝馬、新馬勝ち、長期休養明け。
なのに人気の差は大きい。

「栄進」のローテ別成績は

t3

結構間隔空いたほうが寧ろ良い。
中15~24週だと複勝率は50%を越えます。
今回の2頭はそのゾーンをやや外してはおりますが、どちらも狙える馬。
エイシンアリエルの加藤翔太騎手は今年デビューで既に16勝と同期トップです。

単勝を押さえつつ、1・カレンステイシー、そして完全に「外厩」データが抜けてしまっている3・ウィズアットレースとの馬連・ワイドでも。